SCHEDULE

7月
21
7月21日(日)宇治謙&片倉加寿子 Duo
7月 21 @ 15:00 – 21:00

宇治 謙(Tp)& 片倉加寿子(Pf) Duo

South    ave. new 仙臺ZA 

 音数を極力減らし、多くを語らずに聴衆を引き込む。

まるでハードボイルド小説のような硬派な魅力のAbstract Jazz。

今回はDuoでお送りいたします。

チェット・ベイカーの愛したラブソングを歌うように吹きます。

 

仙臺座 OPEN 18:00

  (ステージ時間)

  1st  19:00~
  2nd   20:00~
  3rd    21:00~

 ミュージックチャージ
1st~閉店まで ¥2,000
2nd~閉店まで ¥1,500
3rd~閉店まで ¥1,000 

7月
24
7月24日(水)石井彰”Boys” プレミアムライブ
7月 24 全日

”Boys”
Pf. 石井彰
Bass. 金澤英明
Dr. 石若駿

OPEN 18:00

1st 19:00

2nd 20:30

CLOSE 23:00

①スタンダードコース ミュージックチャージ込み¥5000(1プレート付き)

 

②ノーマルコース ミュージックチャージ込み¥4000

 

③親子プラン 親1名様とお子様1名様(中学生以下)で、4000円⇒5000円

 

④仙臺ZA料理付きコース ミュージックチャージ込み¥6000(お料理3品付き)

 

⑤学生さんいらっしゃいコース(1ドリンク付き、ミュージックチャージ込み)3000円

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[石井 彰(Pf.)]

川崎市に生まれる。

大阪音楽大学作曲科在学中、ビル・エバンスを聞き衝撃を受け、ピアニストを志す。

卒業後、関西で活動を始め、91年拠点を東京へ移す。
大隅寿男(ds)と出会い、トリオに参加。数々のプレイヤー、ボーカリストと出会い演奏、作曲、アレンジ、プロデュースなどの活動を行うようになる。
98年より日野皓正(tp)クインテットに参加し、故日野元彦(ds)からも多大な影響を受ける。

2001年には、俵山昌之(b)、江藤良人(ds)からなるオリジナルトリオで初リーダーアルバム『Voices in The Night』(EWE)を発表、続いて02年ソロアルバム『Presence』(EWE)、及びニューヨーク録音のスティーブ・スワロウ(b)とのデュオアルバム『That Early September』(EWE)を発表。03年、04年とトリオによる『Synchronicity』(EWE)、『Embrace』(EWE)をリリースし、精力的な活動を続ける。

2010年には、初の著書『超絶ジャズピアノ』(リットーミュージック)を執筆する。

2011年、ソロピアノアルバム『a~inspiration from muse』(Studio TLive Records)をリリース。
同年、トリオに杉本智和(b)を新たに迎え、新境地を開拓。また、新たにカルテットを結成。類家心平(tp)、川村竜(b)、江藤良人(ds)からなるサウンドはトリオを拡大したものに留まらず、独自の音世界が広がりつつある。このトリオとカルテットサウンドの集大成として、2014年6月に『Endless Flow』(Studio TLive Records)をリリース。

2017年、“Chamber Music Trio”を結成。須川崇志(vc)、杉本智和(b)という二つの弦楽器をフィーチャーしたジャズトリオで新たな表現を目指している。

その他、Scene of Jazz(安カ川大樹、大坂昌彦)、Boys Trio(金澤英明、石若駿)のピアノトリオに参加。幽玄郷~yu-gen-kyo(市野元彦gt、吉野弘志b、小山彰太ds)カルテットも主催するに至る。

その幅広い音楽性は、聴く者に多面的な印象すら与えるが、常にその根源にあるものは、音楽に対する真摯な姿勢と、溢れんばかりのしなやかな生命力である。それらが、特有の豊かな表現力と優れたバランス感覚によって芸術へと昇華され、多くの人々を魅了している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[金澤英明(Ba.)]

1954年 3月4日 札幌市生まれ

1977年  辛島文雄トリオでピットイン、新宿タロー等に出演。
       以後、  板橋文夫、本田竹廣、ジョージ大塚MARACAIBO等のグループで活動。

1984年~91年 ジョージ大塚WE THREEに参加。        
       その間、東原力哉(ds)とTHE QUINTETを結成

1992年  阿川泰子のアルバム「LE CINEMA」と、そのコンサートに参加。

1993年  10月、渡辺貞夫カルテットで東北ツアーを行う        
      12月4日、サントリーホールにて東京シンフォニーオーケストラのゲストとして渡辺貞夫氏と共に出演。

1994年  2月、ニューヨーク在住のピアニスト故HERMAN FOSTER3のメンバーとして、西日本ツアーに参加。        
      3月、向井滋春J5に加わる。   同時に4月から日野皓正カルテットのメンバーとなる。       
      7月、TOM PIERSON TRIOでレコーディングに参加。~「Tom PIERSON Ⅲ」(95/1/11)        
     10月、DUKE JORDAN TRIO でツアー&レコーディングに参加。「NO PROBLEM」(95/2/22)

1995年  5月、近藤房之助&THE DEEPEST POCKET のメンバーとしてツアーを行う。        
     12月、DUKE JORDAN TRIOで2度目のツアー&レコーディングに参加。「STRANGE FEELINGS」(96/4/24)

1996年  10月、自己のリーダー作「BASS PERSPECTIVE」(96/10/23 ) KING RECORDより発売。

1997年  2~3月、近藤房之助&THE DEEPEST POCKETのレコーディングに参加。「in a deeper pocket」(97/9/19)

1998年  3月、外務省の招きで故日野元彦氏(ds)のトリオでポーランド、ワルシャワでコンサートを行う       
      12月、「一万人の第九コンサート」(大阪城ホール)に日野Gで出演      
      同月、佐渡裕プロデュース、指揮による「聖夜の贈り物」      
      ~フルオーケストラとブルースの競演~に、近藤房之助、村上ポンタ秀一らと共に出演。

1999年  1月、伊賀上野「BLUES伊賀の乱」で総合プロデュース&出演。       
     10月、自己のリーダー2作目をHANK JONESを迎えてレコーディング。翌年1月発売。「HAPPY TALK」(KING RECORD)

2000年  6月、日野皓正ASIAN BANDで韓国ソウルにてコンサート。

2001年  3月、国際交流基金の文化事業により、日野QUINTETでインド、パキスタン公演。
       ニューデリーでは、インド西部地震救援のチャリティーコンサートに出演
     4月、同バンドでカンボジア公演。カンボジアの子どもたちのためのチャリティーコンサートに出演。
     同月、日野QUARTETで、ニューヨーク公演 近藤房之助&THE DEEPEST POCKET「Mo’Deeper Pocket」(01/4/1)
     近藤房之助THE PLACE「TAKE ME BACK TO THE BLUES」(01/11/14) に参加

2002年  ニューヨーク在住の横山静子(p)、田井中福司(ds)とレコーディング。Shizuko Yokoyama Trio「MY MOTHER」(02/2/21)
     3月、小島良喜(p)鶴谷智生(ds)と「コジカナツル」を結成。
    10月、国際交流基金の文化事業により、近藤房之助THE PLACEで、インド(ダッカ、デリー、ムンバイ)パキスタン(カラチ)公演。

2003年  3月、日野皓正QUINTETでレコーディング。 日野皓正「Here We Go Again」(03/7/2)
     4月、コジカナツルで初レコーディング コジカナツル「コジカナツル」(03/8/30)
     9月、日野QUINTETで、ラオス公演を行う。

2004年  4月、京都RAGでコジカナツルのライブレコーディングを行う。 kojikanatsuru「Live!」(04/9/15)

2005年  2月、日野皓正QUINTETに韓国の第一人者イ・ジョンシクを迎え、上海でレコーディング。 日野皓正「ドラゴン~龍~」(05/5/18)
     5月、コジカナツル+多田誠司(as)でレコーディング。 コジカナツル「kojikanatsuru+1 3 featuring多田誠司」(05/9/30)
     3月~日野氏が校長を務める「DREAM JAZZ BAND」(世田谷区の中学生によるBIG BAND)で講師として指導にあたる。

2006年  2月、「BLUES伊賀の乱 FINAL!」で総合プロデュース。日野皓正、 Charらと共に出演。
     3月、日野皓正QUINTETで韓国公演。
     同月、日野皓正QUINTETでレコーディング。  日野皓正「CRIMSON」(06/6/21)

2007年  コジカナツルのゲストにChar、桑名正博らを迎えライヴを行う。
     10月、三笠宮殿下主催の「愛のコンサート」に日野氏とともに出演。
     大坂シニアジャズBIGBAND(大人のアマチュアビッグバンド)の講師を務める

2008年  3月、ジャカルタのジャズフェスティバルに出演。

2009年  自己のリーダー3作目を発表 「春」
     12月、石井彰、石若駿と新作レコーディング(Studio TLive Records)3月発売予定。
     12月25日、日野皓正QUINTET退団! 

2010年 世間に遅れる事幾星霜、とうとうホームページ開設!(まあ、長続きはしないでしょうが)
     4月、札幌「時計台」、上野「旧奏楽堂」にて「春」コンサートを行う。
     4月7日「月夜の旅」(Studio TLive Records)発売

2011年  Boys in Rolls (2011年2月2日発売)
               
2013年  REFLECTION(リフレクション)2013年2月20日発売

2015年  KOJIKANAYAMAMINE (2015年2月発売)

現在、ソロ活動の他、コジカナツル、ジャズ、ブルース、クラッシックと幅広いジャンルの音楽家と親交を深め、また最近では、近くの小学校で子どもたちのためのコンサートを開いたり、中学生のBIG BANDの指導にあたるなど、精力的に音楽の活動を展開している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[石若 駿(Dr.)]

1992年 北海道清里町生まれ。札幌市出身。幼少からクラシックに親しみ、13歳よりクラシックパーカッションを始める。
2002~2006年まで札幌ジュニアジャズスクールに在籍し本格的にドラムを演奏し始め、その間、Herbie Hancock(p)氏、日野皓正(tp)氏、タイガー大越(tp)氏に出会い多大な影響を受ける。
2004年、日野皓正quintet Live(六本木アルフィ) にゲスト出演。
2006年8月、日豪交流派遣事業によりシドニー「オペラハウス」にて演奏。12月、日野皓正special quintetのメンバーとして札幌にてライヴを行う。2007年金澤英明(b)氏、石井彰(p)氏とトリオを結成し、ツアーを行う。三笠宮寛仁親王主催の「愛のコンサート」に 出演し日野皓正(tp)氏、渡辺香津美(g)氏、山下洋輔(p)氏らと共演。
2008年3月、ボストンバークリー音楽院タイアップの「グルーヴ・キャンプ 」を受講し「バークリーアワード」を受賞。
2009年 夏、奨学生としてバークリー音楽院に留学。10月、横浜ジャズプロムナードコンペティションにて、Takeshi Ohbayashi Trioとして数々の賞を受賞。
2011年5月、「BLUE NOTE TOKYO Special Session supported by 大黒摩季」に出演。
2012年4~7月、フジテレビ 放送 アニメ『坂道のアポロン』 の川渕千太郎役ドラム演奏、モーションを担当。11月、吉松隆作曲「サイバーバード協奏曲」を準ソリストとして東京ニューシティー管弦楽団と共演。
2013年4月、ミニアルバム『石若駿Trio The Boomers ~Live At The Body & Soul~』をタワーレコード限定でリリース。リズム&ドラムマガジン 6月号 ”次世代”Jazz Drummer特集に取り上げられる。8月、小澤征爾 総監督による、サイトウキネンフェスティバル 大西順子講師による「サイトウ・キネン・ジャズ勉強会」にサポートミュージシャンとして参加。
2014年2月東京藝術大学打楽器専攻生による有志演奏会のインスペクターを務めIannis Xenakis「Persephassa」を演奏。5月、日野皓正special quintetの北海道ツアーに参加。

9月初頭、森山威男(ds)氏を東京藝術大学に46年ぶりに招き、藝祭にてDrum duoを実現させる。

9月下旬、テイラー・マクファーリン(DJ,vo,key,beatbox)の単独来日公演のドラマーに抜擢され好評を博した。

11月、東京藝術大学モーニングコンサートにて日本人初演ソリストとして、打楽器協奏曲「Frozen in Time」を藝大フィルハーモニアと共演。

2015年3月、J-WAVE V.I.Pにゲスト出演。

2015年9月、東京ジャズ2015においては、沖野修也率いるKyoto Jazz Sextetにて出演し、リチャード・スペイヴン(ds)と披露したツイン・ドラム・ソロがテレビでもOAされ話題となる。

2015年12月、初のフル・リーダー作『Cleanup』を発表。

国内の2大ジャズ誌「JAZZ JAPAN」「Jazz life」より、「JAZZ JAPAN AWARD 2015≪アルバム・オブ・ザ・イヤー≫ニュー・スター賞」「Jazz Life DISC GRAND PRIX ~ジャズ・アルバム・オブ・ザ・イヤー2015 New Stars賞」をそれぞれ受賞。さらに国内唯一のクリティクス・ポール「ミュージック・ペンクラブ音楽賞」第28回にてブライテスト・ホープ賞を受賞。 「新人賞トリプル受賞」という快挙を成し遂げた。

2016年6月、ブルーノート東京にて自己のトリオでカート・ローゼンウィンケル(g)と出演。

7月
26
7月26日(金)ルイ伊藤とSWEET JAZZ UNIT
7月 26 @ 18:00 – 23:00

Vo. ルイ伊藤

Cor. 石川明

Dr.  是川信夫

Pf.  佐藤貴洋

B.  鈴木正之

*メンバーは前回出演時です

 

実力派のメンバーが奏でる、正統派ジャズから歌謡曲、シャンソンまで、硬軟とりまぜた大人の余裕と魅力あふれるJAZZを、ぜひお楽しみください。

South. ave. new Sendaiza

open 18:00

1st; 19:00

2nd; 20:00

3rd; 21:00

close 23:00

ミュージックチャージ
1st~閉店 ¥2,000
2nd~閉店 ¥1,500
3rd~閉店 ¥1,000 

宮城県仙台市中央3-5-14 セントラルパークビル北側1F

ご予約専用番号 仙臺ZA事務局(ワンズレンタカー仙台駅前店内)

022-227-6714

ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せ下さいませ。

 

7月
27
7月27日(土)渋江光晴グループ
7月 27 @ 18:00 – 23:00

*詳細が決定次第こちらでお知らせ致します。

7月
28
7月28日(日)JOHNSTAGRAM
7月 28 @ 15:00 – 21:00

JOHNSTAGRAM

2019年5月、仙臺ZA初登場!!

Vo. 武内綾子
Gt. 菊地 淳
Dr. 福島 淳
Ba. オノヒロシ
Key. 大村 たけし

 

South. ave. new Sendaiza

open 15:00

1st; 18:00

2nd; 19:00

3rd; 20:00

close 21:00

ミュージックチャージ
1st~閉店 ¥2,000
2nd~閉店 ¥1,500
3rd~閉店 ¥1,000 

宮城県仙台市中央3-5-14 セントラルパークビル北側1F

ご予約専用番号 仙臺ZA事務局(ワンズレンタカー仙台駅前店内)

022-227-6714

ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せ下さいませ。

 

 

武内綾子(Vo.)

幼い頃からの父親の影響により様々な音楽に見聞を広める。
2015年頃からステージで歌い始め。ジャズユニットに参加するなど経験を重ねる。2017年ルーツミュージックベースのポップスを意識したバンドサウンドを体現すべくジョンスタグラムを結成。街で気軽に音楽を、ジャンルにとらわれない音楽を意識し、自身の音楽観を目指している。

 

菊地淳(Gt.) 

ギター アメリカンルーツミュージックを中心に様々な音楽を趣味にもつ。 ジャンルを問わず国内外多数のプロ・アマプレイヤーと共演。自身のリーダーバンド、ジョンスタートリオではオリジナル曲も作っている。

 

福島淳(Dr.) 

幼いころお囃子演奏に触れて育ち、高校時代にドラムをはじめる。 2010年〜【THE JOHNSTAR QUARTET】(現 Johnstar Trio)。 以後、様々なミュージシャンと共演。 現在は【JOHNSTAR TRIO】と【JOHNSTAGRAM】の活動を中心にオールディーズやサーフロックバンドのサポートとしても活動中。

 

大村たけし(Key.)

2010年頃からThe Johnstar Quartet に加入。作曲も担当。現在Johnstar TrioとJohnstagramを中心に活動中。

 

オノヒロシ(Ba.)

バンドブームの高校時代にエレキベースを始める。のちにビッグバンドなどでウッドベースを演奏する。

 

 

“Johnstar Trio”

1998年頃ギター菊地淳を中心にThe Johnstar Quartet結成。2015年からトリオ編成になる。アメリカンルーツミュージックをベースにJazz FunkやRockな感じで自前の楽曲メインに活動中。

 

 

 

8月
2
8月2日(金)マッシュ桜井ベストセレクション
8月 2 @ 18:00 – 23:00

<メンバー>

 pf.江浪純子 bass.マッシュ桜井   dr. 阿部憲之 guest vo.mimi

注1:メンバーが変更になる場合もございますので、予めご了承下さい。

 スタンダードJAZZの極み、在仙のトップアーティスト集結した実力派バンドです。

本格JAZZを楽しみたい方はこのバンドで決まりです!!

 仙臺ZAでは旬な地元の食材をたっぷり使用したオリジナルメニューと、在仙のアーティストを中心とした、心癒されるJAZZの音色をご用意して、皆様のご来店を心よりお待ちしております(*´ω`*)

 絶対に必聴です♪♪

スタッフ一同、心よりお待ち致しております。

≪Stage 時間≫
1st   19:00
2nd 20:00
3rd 21:00

ミュージックチャージ
1st~閉店  ¥2,000
2nd~閉店  ¥1,500
3rd~閉店  ¥1,000 

8月
3
8月3日(土)R’s Groove
8月 3 @ 18:00 – 23:00

R’s Groove(jazz)
personnel:

alto sax: 小野わこ
bass/ 内海博昭
drums/ デーブ菱沼 
piano/ 渡辺亮一  

JAZZ ORIGINAL が中心のpf・渡辺 亮一 の音楽に対する熱い思いが形になった、作り手のハンドメイド感が伝わる、仙臺ZA必見のバンドです。

dr.デーブ菱沼の創り出すしっかりした土台の上に bass.内海博昭のグラマラスなベースが重なり、pf.渡辺亮一の色気のある抑揚が魅力のピアノ、

そして小野わこのsaxがステージを華やかに彩ります。

メンバー全員が、仙台市内で大活躍中の注目グループですので、皆様お誘い合わせの上、ご来店下さいますよう宜しくお願い致します(^^)

  ※メンバーは、変更になることが、ございますので、予めご了承頂けますようお願い申し上げます。

皆様のお越しを、スタッフ一同心よりお待ちしております。

◆仙臺ZA 
青葉区中央3-5-14 セントラルパーク1F
 ご予約は仙臺ZA事務局まで
022-227-6714(ワンズレンタカー仙台駅前店内)
10:30~19:30

 

≪Stage≫
   1st 19:00
   2nd 20:00
   3rd 21:00

≪ミュージックチャージ≫
1st~閉店まで ¥2,000
2nd~閉店まで ¥1,500
3rd~閉店まで ¥1,000 

8月
9
8月9日(金)佐藤よしみ シャンソンライブ
8月 9 @ 18:00 – 23:00

佐藤よしみ シャンソンライブ
ご来店ご希望の方は仙臺ZA事務局
022-227-6714
までご予約のお電話をお願い致します。
営業時間 10:00~19:30

佐藤よしみ プロフィール

20歳の頃、歌を志しポップスを中心としたステージを経験後、シャンソンの佳曲『再会』と出会い、次第に影響を受け自ら歌うようになる。
メロディに酔い、時にドラマを感じ、歌う程に聴く程に奥深いシャンソンの素晴らしさを一人でも多くの方に伝えられればと歌い続けている。

ディナーショー、ミニコンサート、そして年に一度のリサイタル、チャリティコンサート等、その活躍にファンも多く好評を得ている。

歌こそがわが人生…と新たなる曲に挑戦する毎日である。
シャンソンコンクールでは「審査員特別賞」を受賞、現在NHK文化センター「仙台教室」とカワイ楽器「音楽教室」のシャンソン講師でもある。

south ave. new 仙臺ZA

open 18:00

1st 19:00
2nd 20:00
3rd 21:00

close 23:00 

music charge ¥3800(1ドリンク、軽食付き)

佐藤よしみ シャンソン・コンサート あしあと

1981年8月 2大ビッグ競演 ダン池田とニューブリード
1982年1月 新春ディナーショー
1983年6月 愛の賛歌
1984年6月 再会
1985年6月 ノンムッシュー もう私は20才じゃないの
1986年6月 あなたを迎えに
1987年6月 めぐり逢い
1988年6月 百万本のバラ
1989年6月 フランス革命記念 
1990年7月 シャンソンの祭典・歌い続けて 
1991年6月 歌ある限り
1992年7月 私のパリ祭
1993年6月 生きる時代
1994年6月 今、今、今
1995年6月 花をつもう…友よ
1996年6月 それが愛
1997年6月 愛のファンタジー
1998年7月 誌は私にとって人生 
1999年7月 愛しかない時
2000年7月 再会
2001年7月 愛の旅立ち
2002年9月 人生を歌う
2004年9月 抱きしめあえたら
2005年9月 生きる
2006年9月 愛は花 君はその種
2007年11月 バラ色の人生
2008年10月 愛はルフラン
2009年9月 佐藤よしみと仲間達
2010年4月 人生は美しい
2012年5月 45周年、アフタヌーンコンサート
2012年9月 永遠の絆
2013年10月 愛は限りなく
2014年9月 愛はるかに
2015年10月 愛はあなたのように
2016年10月 時は過ぎてゆく

 

17110701

8月
17
8月17日(土)サンダー太田ヴォーカルナイト
8月 17 @ 18:00 – 23:00

サンダー太田ボーカルナイト

<メンバー>

 サンダー太田(ヴォーカル)

 佐藤 達也(ピアノ)

 菊 克己(ベース)

 熊谷 清記(ドラム) 

※メンバーは予告なく変更になる場合があります

 ≪サンダー太田 Profile 紹介≫
 
 2014年からvocalistとして活動を始める。

しっとりとした曲や、華やかな曲でもメリハリがあり、小気味良いプレースタイルが評判です!!

そして、ステージ中のMCワークにも非常に定評があり、大人の遊びたっぷりのトークも絶妙です(∩´∀`)

2013年 「新潟ジャズボーカルコンテスト」金賞受賞

2016年 「第36回浅草ジャズコンテスト・ボーカル部門」でグランプリ受賞  

審査員 ピアニスト 守屋純子 評

How do you keep the music playing?というとても難しい曲を、ドラマチックに歌い上げていて、歌に気迫と魂がこもっているというか、人生観が感じられるのが素敵でした。」

2015年・2016年 Japan Jazzvocal  Jamboree 出場

また,福島ではコンボを組みドラムを担当しているが,そこでも歌が聴ける。

 仙臺ZA OPEN 18:00

 ≪Stage 時間≫

 1st 19:00 2nd 20:00 3rd 21:00

ミュージックチャージ
1st~閉店 ¥2,000
2nd~ 閉店¥1,500
3rd~閉店¥1,000 

 

8月
23
8月23日(金)ルイ伊藤とSWEET JAZZ UNIT
8月 23 @ 18:00 – 23:00

Vo. ルイ伊藤

Cor. 石川明

Dr.  是川信夫

Pf.  佐藤貴洋

B.  鈴木正之

*メンバーは前回出演時です

 

実力派のメンバーが奏でる、正統派ジャズから歌謡曲、シャンソンまで、硬軟とりまぜた大人の余裕と魅力あふれるJAZZを、ぜひお楽しみください。

South. ave. new Sendaiza

open 18:00

1st; 19:00

2nd; 20:00

3rd; 21:00

close 23:00

ミュージックチャージ
1st~閉店 ¥2,000
2nd~閉店 ¥1,500
3rd~閉店 ¥1,000 

宮城県仙台市中央3-5-14 セントラルパークビル北側1F

ご予約専用番号 仙臺ZA事務局(ワンズレンタカー仙台駅前店内)

022-227-6714

ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せ下さいませ。